読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5冊目

0か100かじゃなくて、そのあいだの感情。

エヴァとガンダム

何がそんなにイヤなのか。

私がイヤだと思ってることって、一体なに?

向き合わなくちゃ。

流れにのっかって決めていいことじゃない。

 

私が不満に思ってることって?

…でてこない。はっきりコレと言えない。

 

私がイヤなのは、大切な人たちがツライ思いをしているのを見ること。

ガンダムにはなれなくて、エヴァになっちゃう。

シンクロしてしまう。

腕を折られても痛くないから大丈夫なのに、痛いって思っちゃう。

 

自分の待遇に不満はない。そんな頭良くないし、自信持って言えることもないから。

 

毎日、頭が痛いし、ぼーっとして、記憶も曖昧。

脳はもうさっさと寝ろと指示を出しているけど、逆らわなきゃならない。

今は。

 

 

薄めのコーヒーですらも重たい。

嬉しいことがあった。

でも、心から喜べるばかりではないことにも気づいた。

これから、不安ばかりが増えていったらどうしよう。

それに勝る幸せを、日々積み重ねていけるのだろうか。

 

何よりも、金銭面が心配なの。

日々の生活でさえギリギリなのに、、、

 

日々の生活を今よりも安定させるために、

一緒にいようって思ったりもするんだけどね。

甘えるわけにいかないし、難しい。

私の今の状況を知ったら、離れていってしまうんじゃないか。

怖いね。

誰にも頼れないよ、もう。

 

これからの自分を、真剣に思おう。

でも、、、考えすぎて、嫌になるんだ。

私たちは考えちゃう性格だからって、昨日友達と話した。

悩んでることは違うけど、おんなじようにしんどいのだと、わかる。

大学に入学して、彼女と出会えたことが私の誇り。

いつもありがと。

もう2年前。まだ2年前。春。

お題「春に思い出す曲 春に聞きたい曲」

 

 安田レイ『Brand New Day』

 

 2年前、当時付き合っていた彼が、別れも告げずに出ていったあとの部屋で、ひとり聴いていた。

現状を認めたくないわたしと、とりあえずなんとか1日1日乗り過ごしていけますようにと願うわたし。

 早くこの部屋からもでていかなきゃなぁ、なんて思いながら、なかなか歩きだせなかった時代によく聞いていた曲です。

 

 『つまづいた昨日を 思い出して吹き出した』

吹き出すまではいかないけどね。いまはやっと笑えるようになりました。

よかった、過去にできて。

 

 この曲が流れてくると、一気にあの時代に引き戻されます。

電車でひとりニヤけるくらいステキなことも、夢にまででてきてうなされるような最悪なことも、全部全部蘇ってくるから…

 でも、だからこそ音楽が好き。特に、春の歌は、ね。

瞑想したい。迷走。

 「ただ資格をとって安心したかっただけ。」

まさにそのとおりだと思った。

 

 私は最近、先のことばかり考えている。

年内で今の仕事を辞めることはもう決めているから、その先のこと。

何か資格をとっておいたほうがいいかな、とか、今何をしていたらこの先スムーズかな、とか。

 

 でも、全部しっくりこない。

スムーズにいくことを考えるのは、計画性があるとかで、大切なことだと思うけど、それ以前に、たいしてやりたくないことをなんとかやってみようとしているような気がしている。

 

 今を全然みれていないのも、なんかフラフラして、地に足がついてない感じがして、嫌だ。

 

 そんなことを友達に話したら、「私もこの先を考えて資格をとったけど、しっくりこなくて、資格をとって安心したかっただけだったことに気づいた」という返事をくれた。

 まさにそのとおりだよ。今まではただ目の前にある仕事をこなしていくだけでよかった。でもいざ辞めるって決めたら、安心を手放すことに恐怖を感じている自分に気づく。自分を着飾るものがほしくて、資格が武器になるとは限らないのに。手探りで求めている。やりたいこともないのに。

 諦めとかではなく、「なるようにしかならない」という考え方もあるよね。

その友達も、就活していたけど、妊娠したし。先のことを考えすぎても、途中でどうなるかなんてわからない。予定外のことが起こったときに、自分の首を自分で締めているような状況には陥っていたくない。「あーあ」と思いたくない。

 

 焦るけど。かなり焦るけど。腰を据えて何かに向き合いたいって思うのも、本当のことだけど。今は流れに身を任せてもいいのかな、とも少し思ったり。

 

 難しい。

不安やモヤモヤを感じること。きっといつまでもは続かない。というか、私の体力が続かない。

 

 気持ちを瓶につめて、ひとつひとつ、棚に置いていく。

そんなはじまりの文章。